掃除にかかる手間や負担を軽減して、家事を楽にこなそう

気になるところを清掃グッズで綺麗にする

トイレのトラブルに

つまりの原因と対策について

トイレつまりは最近のトイレではあまり頻発しませんが、昔の水洗トイレだとといれつまりが多かったようです。これはトイレの進化によって詰まりにくくなったとも言えます。 トイレつまりの原因の多くは紙を詰め過ぎた場合や遺物などが流れてしまったためと言われています。紙の流しすぎは子供がいたずらで紙をたくさん詰め込んだなどによる原因がありますがこの場合はラバーカップ(吸引カップ)を使ってつまりを獲るのが一般的です。ラバーカップは一家に一台は置いておくべきです。 トイレつまりの時にやってしまいがちなのは、何度も水を流すことです。これにより水が増え続けて、しまいには水があふれ出してしまうのです。水を流して解決しようとするのは辞めたほうがよさそうです。

トイレつまりの今後の動向

トイレつまりでどうにもならないときは業者を呼んで修理をしてもらうのが一番です。ただし、どうしてもお金はかかってしまいます。価格は修理業者によっても違いますが、おおよそ1万円ぐらいと考えておけばよいでしょう。 トイレ修理のこれからの動向はどうなるでしょうか。 トイレ修理はその時代のトイレによって当然変わってきます。今ならウォッシュレットがあるためトイレ修理というよりも電気工事という側面が強いかもしれません。 これからトイレが進化するとしたら無水トイレと言われています。これは肥料に欠かせないリンを獲るためと言われています。尿にはリンが入っていますが、このリンは水に流さずにリンだけを抽出しようという考えです。これにより修理はますます専門家することが予想されています。