掃除にかかる手間や負担を軽減して、家事を楽にこなそう

気になるところを清掃グッズで綺麗にする

防音性能を高める

注意しなければいけない点

自宅で楽器などを演奏する際は、近所迷惑にならないよう音量をしぼって演奏していると思いますが、本当なら思いっきり大音量で演奏したいはずです。 思いっきり演奏したいのであれば、自宅の一室を防音部屋にリフォームすればいいわけなのですが、その際には少し注意しなければならないことがあります。 まず、防音工事は中途半端だと意味がありません。防音工事をしたのに近所からクレームが来てしまう場合があるのですが、それは部分的な防音工事しかやらなかったがゆえに音が外に漏れているのです。 防音工事は徹底してやらなければ効果を発揮しませんので、そこのところを肝に銘じておいてください。中途半端なリフォームをやるつもりなのであれば、やらない方がまだマシです。やるなら徹底的にやってください。

防音についての豆知識

室内で楽器などを演奏した際、どの部分からその音が外に漏れていくのかをご存知でしょうか。 音は色々なところから外に漏れていくわけですが、一番漏れやすい場所はなんと言っても窓です。 窓は、ガラス一枚だけで外と室内を区切っています。だからこそ、音が非常に漏れやすいのです。なので、室内でいの一番に防音対策を施すべき場所は、窓ということになります。 どういった防音対策を施せばいいのか分からない方もいらっしゃると思いますが、そこはご安心ください。最近はホームセンターなどで、窓に貼り付けるタイプの防音シートが売られています。それを用いれば小難しいリフォームをするまでもなく防音対策を施すことができますので、非常に便利です。